ジェイドブランは天然由来成分を90%以上使用していることで、その安心感から人気がありますね。

やはり、お肌に優しいオーガニックコスメへの期待が大きいからだと思いますが、実際にどのような成分を使用しているのか気になりますよね。

 

効果があっても副作用が起きてしまっては全く意味がありません。

そこで、ジェイドブランの成分は本当に安全なのか、副作用の危険性はないのかについて調べてみました。

 

危険?ジェイドブラン成分は安全?

それでは、アイテムごとに配合されている成分を確認していきましょう。

 

美白ハイドレーティングローションM(薬用美白化粧水)

なじみの良さに定評がある化粧水です。

使用後のお肌はべたつかないのにもっちりした手触りです。

とろみ加減がちょうどよく、すっとお肌になじんでいくからでしょうね。

 

みずみずしく潤う肌を実感できます。

そうなると、きめが細かくなったり、肌自体に輝きが出てきたりするのですから、不思議ですよね。

美白化粧水なので、メラニンの生成を抑制してくれ、シミやそばかすを予防してくれるのが嬉しいです。

 

ー 有効成分
L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルリチン酸ジカリウム

ー その他の成分
ローズ水、カモミラエキス(1)、ビルベリー葉エキス、ラベンダーエキス(1)、レモングラス抽出液、ローズマリーエキス、セージエキス、セイヨウサンザシエキス、セイヨウノコギリソウエキス、チョウジエキス、ウイキョウエキス、加水分解黒豆エキス、米糠抽出物加水分解液A、ヒメフウロエキス、トウキンセンカエキス、シラカバ樹液、ノバラ油、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、水素添加大豆リン脂質、酵母多糖体末、シロキクラゲ多糖体、フィトステロール、濃グリセリン、キシリット、ヒドロキシエチルセルロース、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、ポリエチレングリコール4000、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、無水エタノール、フェノキシエタノール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、ジプロピレングリコール、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)デカグリセリル液、精製水、エタノール、キサンタンガム、水酸化カリウム、クエン酸、クエン酸ナトリウム、エデト酸三ナトリウム

 

美白コンセントレートエッセンスM(薬用美白美容液)

厳選された美容成分を多く配合している美容液です。

ジェル状なので、すっと伸びてなじみます。

塗った後は弾むようなハリを感じられますよ。

大人肌のお悩みを解決してくれそうです。

 

ー 有効成分
L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルリチン酸ジカリウム

ー その他の成分
ローズ水、カモミラエキス(1)、ビルベリー葉エキス、ラベンダーエキス(1)、レモングラス抽出液、ローズマリーエキス、セージエキス、セイヨウサンザシエキス、セイヨウノコギリソウエキス、チョウジエキス、ウイキョウエキス、加水分解黒豆エキス、米糠抽出物加水分解液A、ヒメフウロエキス、ヒナギク花エキス、オウバクエキス、タイムエキス(2)、アスパラサスリネアリスエキス、イネ出穂前葉抽出加水分解物、ハトムギ発酵液、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、大豆リゾリン脂質液、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、フィトステロール、酵母多糖体末、水素添加大豆リン脂質、ノバラ油、グリセリン、ジグリセリン、ジプロピレングリコール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、キサンタンガム、エタノール、精製水、無水エタノール、クエン酸、水酸化ナトリウム、エチレンジアミンヒドロキシエチル三酢酸三ナトリウム二水塩、フェノキシエタノール

 

美白モイストエマルジョンM(薬用美白乳液)

潤いが長時間続きます。

かなり濃厚なテクスチャーなのに、肌に浸透する時にはじっくり入ってくる感じです。

乾燥から肌を守ってくれることはもちろん、ふっくらした肌へと仕上げてくれます。

 

ー 有効成分
L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルリチン酸ジカリウム

ー その他の成分
ローズ水、カモミラエキス(1)、ビルベリー葉エキス、ラベンダーエキス(1)、レモングラス抽出液、ローズマリーエキス、セージエキス、セイヨウサンザシエキス、セイヨウノコギリソウエキス、チョウジエキス、ウイキョウエキス、加水分解黒豆エキス、米糠抽出物加水分解液A、アルテアエキス、ヒメフウロエキス、セイヨウニワトコエキス、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、水素添加大豆リン脂質、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、フィトステロール、酵母多糖体末、シロキクラゲ多糖体、ノバラ油、(アジピン酸・2-エチルヘキサン酸・ステアリン酸)グリセリルオリゴエステル、植物性スクワラン、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、メチルフェニルポリシロキサン、メチルポリシロキサン、メドウフォーム油、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)、ジグリセリン、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、キサンタンガム、グリセリン脂肪酸エステル、ステアリン酸、バチルアルコール、ベヘニルアルコール、大豆リン脂質、モノミリスチン酸デカグリセリル、エタノール、精製水、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、無水エタノール、エチレンジアミンヒドロキシエチル三酢酸三ナトリウム二水塩、天然ビタミンE、クエン酸、クエン酸ナトリウム、水酸化カリウム、フェノキシエタノール

 

美白モイストリッチクリーム(薬用美白クリーム)

柔らかいテクスチャーの美白クリームです。

コクがあって、お肌と一体化するので、くまなく潤います。

 

これまで付けてきた、化粧水や美容液、乳液の成分を閉じ込めてくれるイメージですね。

使用後の肌は生き生きして、ハリ感ツヤ感がアップします。

 

ー 有効成分
L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルリチン酸ジカリウム

ー その他の成分
L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルリチン酸ジカリウム、ローズ水、カモミラエキス(1)、ビルベリー葉エキス、ラベンダーエキス(1)、レモングラス抽出液、ローズマリーエキス、セージエキス、セイヨウサンザシエキス、チョウジエキス、ウイキョウエキス、ゴボウエキス、米糠抽出物加水分解液A、ヒメフウロエキス、ツバキエキス、マロニエエキス、スターフルーツ葉エキス、ノバラエキス、ノバラ油、オリブ油、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、水素添加大豆リン脂質、イザヨイバラエキス、フィトステロール、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シロキクラゲ多糖体、マカデミアナッツ油、植物性スクワラン、2-エチルヘキサン酸セチル、オレイン酸フィトステリル、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、メチルポリシロキサン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)、濃グリセリン、ジグリセリン、トリメチルグリシン、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、L-アルギニン、水酸化ナトリウム、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム、グリセリン脂肪酸エステル、ベヘニルアルコール、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、親油型モノステアリン酸グリセリル、N-ステアロイル-L-グルタミン酸ナトリウム、天然ビタミンE、ピロ亜硫酸ナトリウム、精製水、エタノール

 

バランシングクレンジングジェル(メイク落とし)

クレンジングではありますが、スキンケア成分をたっぷり含んでいます。

ジェル状になっていて、肌へのなじみはまるでとろけるようです。

 

メイクはもちろんのこと、毛穴の奥までしっかり入り込んで、汚れを取り去ってくれます。

古い角質までしっかり取り去ってくれるので、後から使う化粧水の浸透もよくなるんですよね。

 

ー 有効成分
水、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、PEG-10水添ヒマシ油、センチフォリアバラ花水、BG、DPG、ジグリセリン、エタノール、グリチルリチン酸2K、カニナバラ果実油、イザヨイバラエキス、カミツレ花エキス、ビルベリー葉エキス、ラベンダー花エキス、レモングラス葉/茎エキス、ローズマリー葉エキス、セージ葉エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、チョウジエキス、ダイズステロール、加水分解コメヌカエキス、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ、ゴボウ根エキス、ゴレンシ葉エキス、シロキクラゲ多糖体、セイヨウトチノキ種子エキス、チャ葉エキス、ツバキ種子エキス、ヒメフウロエキス、ウイキョウ果実エキス、エクトイン、ポリクオタニウム-51、水添レシチン、ベタイン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、プルラン、カルボマー、水酸化Na、トコフェロール※リピジュア(ポリクオタニウム-51)は日油株式会社の登録商標です。

 

バランシングソープ(洗顔石鹸)

この石鹸、泡のボリュームがすごいです。

かなりクリーミーな泡になり、それがお肌を優しく包み込んでくれます。

肌表面の汚れや古い角質をサッパリ洗い流してくれるのに、洗い上がりのお肌には潤いが。

 

石鹸の域を超えて、まさにスキンケアアイテムですね。

しっとりとした滑らか肌に導いてくれます。

 

ー 有効成分
グリセリン、水、スクロース、ミリスチン酸Na、ラウリン酸Na、ステアリン酸Na、パルミチン酸Na、ミリスチン酸K、イソステアリン酸Na、ソルビトール、ジグリセリン、ラウリン酸K、ステアリン酸K、ホホバ種子油、パルミチン酸K、センチフォリアバラ花水、グリチルリチン酸2K、カニナバラ果実油、イザヨイバラエキス、カミツレ花エキス、ビルベリー葉エキス、ラベンダー花エキス、レモングラス葉/茎エキス、ローズマリー葉エキス、セージ葉エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、チョウジエキス、ダイズステロール、加水分解コメヌカエキス、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ、ゴボウ根エキス、ウイキョウ果実エキス、ハトムギ種子エキス、ツバキ種子エキス、ポリクオタニウム-51、タウリン、リシンHCl、アラニン、ヒスチジンHCl、セリン、プロリン、グルタミン酸、トレオニン、バリン、ロイシン、グリシン、アラントイン、イソロイシン、フェニルアラニン、PCA-Na、PCA、乳酸Na、アスパラギン酸Na、アスパラギン酸、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、トレハロース、ヒスチジン、イソステアリン酸K、アルギニン、塩化Na、キサンタンガム、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、水添レシチン、BG、エタノール、フェノキシエタノール ※プロデュウは味の素株式会社の登録商標です。

 

ジェイドブラン副作用を口コミから分析

潤い感が得られない?!

私の好みとは違っていました。

潤っているという実感がなかったです。

濃厚さが足りないのかもしれません。

どれだけ重ねて付けても私は満足できなかったです。

潤わなかったという口コミがありました。
この方が満足できなかったのは、こってりした保湿液を期待していたからかもしれません。
ジェイドブランはセラミドを補給できるので保湿力が高いという定評があったのですが、この口コミでは実感できなかったようです。

肌が痒くなる?!

もともと敏感肌なので、合うかどうか不安でしたが購入しました。

使い始めは何も思わなかったのですが、何日か使っていると肌にかゆみが出て来いました。

ジェイドブランなら使えるかもしれないと思っていただけにがっかりしました。

やはり化粧品は個人によって合う合わないがありますよね。
ジェイドブランのような敏感肌にも使いやすい商品でもかゆみが出るということもあるのですね。
ジェイドブランの口コミをいろいろ見てみたのですが、お肌がかゆくなったというものはほとんどありませんでした。
敏感肌やアレルギー体質の方は念のため気を付けておいた方がよさそうですね。

脂性肌の方は注意?!

結構こってりしていると思います。

そのままメイクすると絶対崩れやすくなると思ったので、塗った後10分くらい放置しておきました。

そしたら、崩れることはなくしっとりと仕上がったので安心しました。

忙しい朝には手間がかかるので少し面倒ですが、放置している時間に用事を済ませるようにしています。

 

脂性肌の方にとっては、こっくりしたテクスチャーは敬遠するかもしれませんね。
乾燥肌の方にとって
「潤いが感じられない」
という口コミがありましたが、脂性肌の人と感じ方は異なるのですね。
ジェイドブランの場合は各アイテムを単品で使うよりも、トータルでの使い心地を判断した方がいいかもしれません。
年齢肌のくすみや乾燥などのお悩みを総合的に解決できるようなスキンケアステップになっているので、ライン使いしてみて使い心地がどうかを試してもらいたいです。

安全性試験実施で、副作用も安心!

ジェイドブランが安全なのは、厳しい試験をクリアしているからです。

肌に刺激を与えるような成分が入っていないかどうか、使ってくれる人が安心して使い続けることが出来るかどうかを確かめるべく、全商品に対して4種類の安全性テストを行っていますよ。

 

アレルギーテスト

皮膚にアレルギー反応が出ないか調べるテストです。

パッチテストで判断するのですが、まず週3回パッチテストをします。

それを3週間続けます。

 

その後2週間は休止期間として、その後またパッチテストを実施するのです。

このように実験していくと、アレルギーが起こりうる成分があぶりだされるというわけです。

 

パッチテスト

パッチテストは、敏感肌の方にとってはおなじみかもしれません。

自分で実施する際には二の腕の内側などに対象の化粧品を付けて、赤くなったりかゆくなったりしないか様子を見ますよね。

ジェイドブランの場合は徹底していて、まずは対象の製品を特殊な絆創膏の上のチャンバーに決められた分とりわけます。

 

そして前腕屈部分に貼り付けて24時間そのままにしておくのだそうです。

24時間後に絆創膏を貼り付けていた部分に赤みが出たり腫れの反応が出たりということがないかをチェックするのですが、そこは熟練の人が判断するのです。

 

スティンギングテスト

かゆみやヒリヒリ感をチェックするのですが、これは敏感肌の方対象のテストとなります。

使用前の様子と使用後の様子を皮膚科専門医とともに比較して確認していきます。

ジェイドブランの場合は、このスティンギングテストの被験者を刺激を感じやすい人にすることで、感覚刺激性がないかより厳しくチェックしているのだそう。

 

細胞毒性テスト

有毒性をチェックするテストなのですが、製剤が生細胞と接触した時に毒性があるのかどうかを、既にある製剤と比較しながら確認していきます。

ジェイドブランの場合は、細胞毒性テストに用いる細胞をhela細胞というヒト子宮頸癌由来の細胞にしており、厳しい自主基準に基づいて検査しています。

 

より効果追求型のオーガニックコスメへ

オーガニックコスメは肌に優しいと言われる一方で、優しすぎて効果が出にくいという人もいます。

ジェイドブランはその弱点を克服すべく、オーガニックの植物成分を配合するだけではなく、テクノロジー成分も配合しています。

まさにハイブリッドの配合で、年齢肌のお悩みにしっかりとアプローチしてくれます。

 

各アイテムにそれぞれ異なる成分を配合して、ラインで使った際に、よりお肌に優しく作用するように、より効果が強くなるようにと開発をしたそうです。

リニューアル時には

 

「ツバキ種子」

 

「イザヨイバラ」

 

「スターフルーツ」

 

「マロニエ」

 

と厳選された4つの植物エキスを配合しています。

ますます期待できそうですね!

 

美白効果を強調!医薬部外品承認

ジェイドブランの需要としては、エイジングケアとしてはもちろん、美白アイテムとして信頼されています。

それもそのはず、ローション、エッセンス、ミルク、クリームの4つのアイテムが美白の医薬部外品として承認されているからなんですね。

この4つのアイテムにはビタミンC誘導体を配合しており、シミの元を排出するように働いています。

 

そして、紫外線によって起こる表皮細胞の酸化ストレスを抑えます。

メラニンを作る細胞の働きを抑制するので、美白につながるというわけなんですね。

医薬部外品の有効成分は効果的ですが、安全です。

ジェイドブランの美白効果に期待大ですね!

 

まとめ

ジェイドブランはオーガニックコスメですが、肌に優しいだけではなく、年齢肌にしっかり効果をだしてくれると評価の高いシリーズです。

厳選された美容成分を各アイテムに配合し、ラインで使った際により効果を発揮するように構成されています。

 

使用成分の中には副作用を起こすようなものはありませんので安心してください。

かなり厳しい自主基準を設けて検査を行っている点も信頼できますね。

ただし、人によっては刺激を感じてしまったり、アレルギー反応が起きてしまったりということがあるかもしれません。

心配な人は、

 

「7日間のフルトライアルセット」

 

を使って、使用前にパッチテストを行った方がいいかもしれませんね。

美白にも力を入れているジェイドブラン、医薬部外品のアイテムも多く、その効果に期待しましょう!



ジェイドブラン最安値公式サイトはこちら!

★最安値公式サイトはこちら★