あまり知られていないかもしれませんが、妊娠中のトラブルの中に

 

「顔のシミ」

 

が挙げられます。

実は、顔のシミが増えて困っているという妊婦さんが多いのです。

妊娠中だけなら何とか我慢できますが、産後もずっとそのままかもしれないと思ったら心配にもなりますよね。

 

シミが出来た時こそジェイドブランに頼りたいですが、妊娠中にジェイドブランは安心して使用できるのでしょうか。

ただでさえお肌の状態が不安定な時に、使ってよいのかどうか知りたいですよね。

 

そこで、ジェイドブランが妊娠中や授乳中に安心して使えるのか、危険な成分は含まれていないかについて調査してみました。

妊娠中に出来るシミの原因や予防法についても紹介しますので、お役に立てたら嬉しいです。

 

ジェイドブランは妊娠中・授乳中でも使える?

妊娠中のお肌は非常にデリケートです。

そんな時には優しい処方のものを使いたいですよね。

妊娠中ジェイドブランを試した口コミをいろいろ確認してみましたが、全く問題なく使用できたとのことです。

 

もちろん敏感になっているお肌に使うものなので、皆さん慎重にお試しされたようですが、肌トラブルなど起きずに快適に使用できたという口コミばかりでした。

やはりこの時期には食べ物にこだわるのはもちろん、肌に直接つけるものも出来るだけ害がなく、優しいものにしたいと考えてジェイドブランを選んでいる人が多いようでした。

皆がジェイドブランを選んだ決め手はジェイドブランが天然由来成分を90%以上配合しており、しっかり効果も出ることにこだわったオーガニックコスメというところのようですね。

 

ただ、皆が大丈夫だからと言って自分も絶対大丈夫と言い切れないのが化粧品です。

肌トラブルが起きる原因は千差万別、妊娠中なら特に肌は敏感に傾いています。

 

「何の副作用も起きなかった!」

 

という口コミが目立ちますが、もしご自身で使って肌の状態が悪くなったり、明らかにおかしかったりと違和感がある場合は、即座に使用を中止してくださいね。

全くの無添加というわけではなく、多少の添加物が配合されていることも知っておいてくださいね。

 

安全性試験を実施

アレルギーテスト

ジェイドブランはアレルギーテスト済みですが、4種類もの試験を全商品に対して実施しています。

敏感肌の人にとってはそこまで安全性を確かめてくれるのであれば、安心して使用できるので嬉しいですよね。

さて、アレルギーテストとはどういったものなのでしょか。

 

皮膚に対してアレルギー性があるかどうかを評価するためのテストをアレルギーテストと言います。

対象の製品を使ってパッチテストを週3回行い、それを3週間継続します。

 

一旦2週間休止して、また同じ要領で実施し、皮膚にアレルギー反応が出るかどうかを確認するテストです。

このテストを通して、陰性となれば、

 

「アレルギーテスト済み」

 

として評価されるというわけです。

 

パッチテスト

それではパッチテストとはどういったものなのでしょうか。

 

化粧品の安全性を確認するために皮膚に対して刺激があるか、アレルギー反応があるかどうかを調べ、製品が安全であることを確認するテストとなります。

ジェイドブランの場合は、まず製品を特殊な絆創膏上のチャンバーに決まった量だけとりわけます。

そして、前腕屈部分に24時間貼り付けた状態にしておきます。

 

その後絆創膏を剥がしてみて、赤みや腫れの反応が出ているかどうかをスキルのある判定者がじっくり観察します。

その結果によって、問題ないかどうかを判定しているのですね。

 

スティンギングテスト

敏感肌の人にとってはなくてはならないテストです。

敏感肌の人にかゆみやヒリヒリが起きないかどうかをチェックします。

 

使用前の状態を確認しておき、使用後の状態を皮膚科専門医とともに判定していきます。

ジェイドブランの場合は、被験者となる人は刺激を感じやすい人に設定しています。

その人に対してスティンギングテストを行うので、かなり厳しい自主基準に基づいていると言えます。

 

細胞毒性テスト

製剤が実際に生細胞と接触した場合に有害性があるかどうかを、もともとある製剤と比べて問題がないかどうかを確認する試験です。

 

ジェイドブランが行っている細胞毒性テストでは、hela細胞というヒト子宮頸癌由来の細胞を使っています。

このテストでも自主基準を定め、それに基づいて評価をしているのです。

 

そもそも妊娠中にできたシミは一時的なもの?産後は消える?

妊娠中の大きな悩みになってしまっている大量のシミですが、産後もそのままだとさすがにヘコみますよね。

このシミはホルモンバランスに影響を受けており、産後にホルモンバランスがだんだん整ってくれば、メラニンの生成も減ってきます。

 

メラニンが減少すれば、シミも薄くなったり、消えたりすることも多く、杞憂に終わる場合があります。

もし自然の力でうまくいかないようであれば、そこは日々のスキンケアが物を言いますよね。

 

それでも、あくまでも消える可能性が高いというだけで、シミが必ず消えるということではありません。

色素沈着になってしまうとシミはなかなか消えませんので、やはり予防が大切ということですね。

それでは、予防についてもご提案しておきますね。

ビタミンCで内側からのケア

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けるので肌に必要だとされています。

そして、メラニンの生成を抑える効果もあり、シミの対策としても有効です。

 

パセリ、キャベツ、パプリカにはビタミンCが多く含まれており、このような食品を積極的に摂るようにしましょう。

妊婦であれば、一日に110㎎摂取するよう推奨されています。

 

出来てしまったシミにもビタミンCは有用です。

継続してビタミンCを摂り続けることで、シミを薄くしたり消したりすることも可能です。

産後も積極的に摂取していきましょうね。

 

特に授乳中であれば、母乳を作るためにビタミンCが大量に必要となってきます。

意識して多く摂取していきたいですね。

 

シミの大敵、紫外線を対策

紫外線対策にも注力してください。

紫外線はお肌に悪影響をもたらします。

シミやそばかすの原因となることはもちろん、乾燥やシワの原因にまでなってしまいます。

 

夏ではないからと安心せずに、一年を通して、日焼け止めを常備しておいた方がよいですね。

また、帽子やUVカットのストール、手袋などを用いて、紫外線対策を万全のものとすることが妊娠中には大切になってきます。

 

眼から紫外線が入ることでシミの原因となってしまうことが近年の研究で明らかになりました。

つい油断しがちなのですが、サングラスを着用することで、外出時には目を守りましょう。

 

十分な睡眠で肌のターンオーバーを活性化

シミを防ぐ生活習慣として、睡眠の大切さにも注目してください。

充分な睡眠を確保することで、お肌のターンオーバーが促され、シミを防ぐことができます。

 

睡眠時間を確保するというだけではなく、お肌のゴールデンタイムと言われる夜の22時から2時までの間にぐっすり眠って、成長ホルモンを最大限に分泌させていきましょう。

確かに、妊娠中期から後期にかけては特に、夜寝苦しいのは事実です。

 

赤ちゃんの胎動も激しくなってきますし、こむら返りに悩まされる人もいるでしょう。

それでも、夜更かしはしないようにしましょう。

 

まだ眠くないと思っても、お肌のゴールデンタイムにはベッドに入っておきましょう。

リラックスして過ごすことで、お肌の調子もよくなるでしょう。

 

まとめ

なにかとデリケートになりがちな妊娠中ですが、ジェイドブランであれば、天然由来成分を90%以上含んでいるため、安心して使用できるコスメだと言えそうです。

 

アレルギーテスト、パッチテスト、スティンギングテスト、細胞毒性テストなど、独自の基準に基づいた厳しい試験を行って、全製品の安全性を確保しているのが印象的でした。

添加物が全く配合されていないというわけではないですし、もちろん使う人によってはアレルギー反応が起きる可能性はありますが、比較的安全性の高いコスメであると言え、妊娠中に使用している人も多いようですね。

 

気になる、妊娠中に突然増えた顔の大量のシミの対策として、ジェイドブランは期待できそうですね!

生活習慣や食生活を見直すとともに、ジェイドブランで妊娠中も美しく健康な肌を目指しましょうね。



ジェイドブラン最安値公式サイトはこちら!

★最安値公式サイトはこちら★